ニキビと言えども皮膚のトラブルの一つです

ニキビと言えども皮膚のトラブルの一つです。


ニキビ程度で皮膚科を受診するのも、と少し尻込みしてしまいがちですが、皮膚科で診て貰うと早くよくなりますし、ニキビ跡もできにくいです。その上、自分でドラッグストアなどでニキビ薬を購入するよりも安い費用でよくなります。

近頃、女性の代表的なニキビの原因のひとつとして女性ホルモンのバランスの崩れが影響しています。



女性ホルモンのバランスは、ストレスをうけると容易に乱れてしまうと知られています。

生理前は特別女性ホルモンが激しく乱れます。生理直前にニキビを気にされる女性が多いのも実はこの女性ホルモンの乱れからきているのです。
母親がすさまじくニキビ肌で、私も中学時代からニキビに悩み、大人になった現在でも、ニキビができやすいので、お手入れは意識してしています。また、三歳になる娘もお鼻あたりの毛穴に角質がつまり初めています。

不憫なことに絶対にニキビのできやすい肌になりそうです。遺伝は恐怖に値すると思いました。

しょっちゅう洗顔をしてお肌の皮脂が常に足りない状態になると、足りない皮脂の埋め合わせをしようと多く出すようになるのです。


洗顔をしすぎると乾燥肌にもなり、よりあまたの皮脂を分泌してしまうこととなっていますから、顔の洗いすぎには注意して下さい。


顔を洗ったその後は、化粧水でしっかりと水分補給することを忘れずに行っていくことが大事です。シミに悩む人にとって最大の敵である紫外線ですが、もう一つのシミの元凶と言われているのがホルモンバランスの乱れです。
その具体例として挙げられるのは、最近になってテレビCMによって知名度を上げた「肝斑」です。



肝斑を引き起こすと言われているのが、ホルモンバランスの乱れで、妊娠中、それに、出産後の発症が比較的多いということが今や周知の事実です。
それから、肝班をできやすくする行為としてピルという薬品の服用が挙げられ、その治療は紫外線によるシミに比べて困難であるといったことも他のシミとの大きな違いです。洗顔が残ったまま肌の状態が荒れてしまうこともあるので、すすぎをゆっくりとおこないましょう。

洗顔が出来た後には、化粧水や乳液などを利用して、保湿をしっかりとやることが大事です。保湿をしないことは、肌が乾燥してしまう原因になってしまい、シワが見えやすくなります。

保湿をきちんとおこなえば、シワができないために、効果的な予防・改善です。
肌荒れを防ぐためには、洗顔を終えたなら、即化粧水等で保湿をおこないます。

どういったものをつけるのかは、肌質によっても違ってきますし、体調によっても当然違ってくるでしょう。


毎日、化粧水や乳液、美容液を使っていくのではなく、肌状態とよく相談をするようにして下さい。

普段から多様な保湿商品を使うと、本来お肌が持っている保湿機能が低下してしまいます。元々にきびは皮膚により毛穴が目詰まりを起こして、炎症(原因としては、ウイルスや細菌への感染、外傷や火傷、アレルギー反応などが考えられます)が出ていることをさしています。乾燥肌の場合皮脂が少ないから毛穴を詰まらせることはないようなイメージをもちがちですが、現実は違います。
皮脂の分泌が異常に低いと肌は乾燥することを防ぐために皮脂がたくさん分泌されます。その結果として、毛穴が目詰まりを起こしてしまってニキビがになると言う事です。みかんはビタミンの含有量がとても多く、新陳代謝を高め、お肌にシミができるのを防ぐためにおすすめの食べものです。
ただ、食べ方には注意しましょう。
朝に食べると、これから紫外線を浴びる時間帯なので、ソラレンのように、柑橘系果物に多い成分が光や紫外線を敏感にうけ止めるはたらきをして、逆にシミの原因になることもあるそうです。。
美肌のために食べるのなら、紫外線を浴びない夜にたべましょう。



お顔のくすみは多くの女性の悩みですよね。
そんな時は洗顔方法が原因かもしれません。
透明感のなさの原因は「角栓」。


毛穴にたまっていないでしょうか?悪習慣などで肌が新しく生まれ変わろうとするはたらきを邪魔すると、古い角質は排出されずにたまってしまいます。


洗顔の時にはぬるま湯を使うのがポイントで、肌をみずみずしい状態に保てるよう保湿成分のある洗顔料でしっかり泡たてて洗うことです。

ピーリング石けんというものあるので、週一回程度使用するととても効果が期待ができます。
Copyright (c) 2014 エイジングケアの達人ぶろぐ All rights reserved.

メニュー